<< セルシオ 30系 前期 | main | セルシオ 30系 スマートキー >>

スポンサーサイト

  • 2007.07.18 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


セルシオ 30系 後期

セルシオ 30系 後期

2003年8月セルシオ 30系のマイナーチェンジで外装が変更され、
全長はついに5mを超えた。
この型をセルシオ 30系 後期という。
ATが5段から6段になり、10・15モード燃費が従来型の8.2km/Lから8.9km/Lへ向上した。
6段になったことで、シフトのゲートの形も変更された。
B仕様が廃止され、A・B仕様のeRバージョンをeR仕様とした。
セルシオ 30系グレード構成は、A仕様・eR仕様・C仕様となる。
安全装備はさらに磨きがかかり、
ミリ波レーダーを使用したプリクラッシュ・セーフティシステムがオプションとして導入された。
2005年に国内レクサス店が展開され、
次期LSを国内にも導入することとなり、
セルシオの名前に終止符が打たれることが決まり、2006年6月いっぱいでセルシオ 30系の生産を終了した。
セルシオの販売終了に伴い、
トヨタブランドでのラグジュアリーセダンのポジションはクラウンマジェスタに一本化されることとなる。

中古車でしか購入できないが、セルシオ 30系 後期はまだ300万以上するものがほとんどである。
前期を後期仕様にしている人もいるが、完璧にしようとしたら100万近くかかるので
後期を買ったほうがよいだろう。

スポンサーサイト

  • 2007.07.18 Wednesday
  • -
  • 23:08
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク











calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>


sponsored links
selected entries
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM

Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録