スポンサーサイト

  • 2007.07.18 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


セルシオ 30系 前期

セルシオ 30系 前期

セルシオ 30系は2000年8月に登場した。
この型をセルシオ 30系 前期型という。
もうすでに7年が経過しているが、中古車で購入しようとしても高値である。
キャッチコピーは
「セルシオを超えるのは、セルシオだけ。」
「頂点であること、あり続けること」。
セルシオ 30系のエンジンはV8・4300ccの3UZ-FEに変更された。
ドアはプレス式から後部ドアに三角窓の付くサッシュ式となった。
セルシオ 30系とは対照的に、メルセデス・ベンツSクラスは
この頃登場したモデルからドアがプレス式となっている。
電子制御も大幅に増加、全ドアイージークローザーが装備され、
従来のワイヤレスドアロックの発展版であるスマートキーシステムが選択できるようになる。
セルシオ 30系のグレードは、
A仕様(標準車・eRバージョン)
B仕様(標準車・eRバージョン)
C仕様(標準車・インテリアセレクション・Fパッケージ・Fパッケージインテリアセレクション)
の3種類の設定がある。
インテリアセレクション、Fパッケージはグレード名ではなく、オプションである。
環境性能にも力を入れ、排気ガスは平成12年規制よりさらに75%低減、
市販車では世界トップのCd値0.25を実現した。

過走行の中古車であれば100万円台で購入できるようになってきた。
しかし、本皮や、スマートキー、マルチ付きなどを探すとすぐに200万を超える。
しかしどうせセルシオ 30系を購入するならスマートキーとエアーシートはぜひほしい
オプションだろう。


セルシオ 30系 後期

セルシオ 30系 後期

2003年8月セルシオ 30系のマイナーチェンジで外装が変更され、
全長はついに5mを超えた。
この型をセルシオ 30系 後期という。
ATが5段から6段になり、10・15モード燃費が従来型の8.2km/Lから8.9km/Lへ向上した。
6段になったことで、シフトのゲートの形も変更された。
B仕様が廃止され、A・B仕様のeRバージョンをeR仕様とした。
セルシオ 30系グレード構成は、A仕様・eR仕様・C仕様となる。
安全装備はさらに磨きがかかり、
ミリ波レーダーを使用したプリクラッシュ・セーフティシステムがオプションとして導入された。
2005年に国内レクサス店が展開され、
次期LSを国内にも導入することとなり、
セルシオの名前に終止符が打たれることが決まり、2006年6月いっぱいでセルシオ 30系の生産を終了した。
セルシオの販売終了に伴い、
トヨタブランドでのラグジュアリーセダンのポジションはクラウンマジェスタに一本化されることとなる。

中古車でしか購入できないが、セルシオ 30系 後期はまだ300万以上するものがほとんどである。
前期を後期仕様にしている人もいるが、完璧にしようとしたら100万近くかかるので
後期を買ったほうがよいだろう。

セルシオ 30系 スマートキー

セルシオ 30系 スマートキー

最近は、車を新車で購入するとほとんどスマートキーを選択できる。
しかしセルシオ 30系となるとさらにすごい。
スマートキーをもって近づくとセルシオ 30系のミラーの下にあるライトが点灯して
足元を照らしてくれる。
至れり尽くせりだ。
これで車から降りたら水がたまっていたなどと言うことがなくなります。
さすがセルシオ 30系ですね。
でもスマートキーに関しては、車のエンジンをかける楽しみがなくなるといったことをいう人もいる。
確かにキーを挿して回す動作がなくなると最初は違和感を感じるだろうなぁ。
しかし、おススメオプションには変わりないので
セルシオ 30系に便利さを求める人はぜひ検討してみてください。







Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録